10分間で1万人の安否を確認
一斉架電&要支援者名簿管理システム
Story

東日本大震災で多くの「高齢者」「障がい者」がお亡くなりになりました。

全体の死亡者数の中で65歳以上の高齢者が6割を占め、障がい者の死亡率は被災住民全体の死亡率の2倍にのぼりました。

それを受け「避難行動要支援者」の名簿運用がスタート。しかし課題が多くあります。

国は単独避難が困難な層を「避難行動要支援者」と位置づけ、対象者の名簿台帳の作成を義務付けました。
しかし実際は、名簿の整合性の維持に職員の手間や時間が割かれています。そのため肝心の災害が起きた場合、どのように要支援者の安否を確認するか決まっておらず、仮に安否がわかったとしても警察・消防・自治体防災担当・自治体福祉担当など避難支援に関わる関係者や団体と、どう連携して対応するかという問題もあります。

現場のニーズを汲み取り、現実的に運用できるシステムを提案します。

そこで私たちは、現場にヒアリングのもとネックとなっている「名簿の整合性の維持」「安否の確認」「避難支援者との連携」に焦点を絞り、システムで一部のフローを代用することで、災害時にできるだけ簡単に素早く運用できるようになるシステムを開発しました。

電話による一斉安否確認
そして書類を出力支援まで

災害発生後のフロー:電話による一斉架電→プッシュ操作で回答→自動集計→引き継ぎ用書類の作成

グラスフォンは避難計画の作成から、電話による”安否確認”。そして連携する避難支援に関わる関係者への連絡といった一連の流れを、すべて行うことができるシステムです。安否確認は、事前に登録した名簿を利用し、最大数万人規模で一斉電話発信できます。電話機のプッシュボタン押して状況を答えるというシンプルな操作で登録者の被災状況を把握します。

関係者との連絡もスムーズ

今まで
  • 災害発生
  • 関係者へ安否確認依頼
  • 関係者による安否確認
    (1件づつ連絡して確認)
  • 安否状況を報告
  • 避難支援実行
導入後
  • 災害発生
  • 関係者へ安否確認依頼
  • グラスフォンによる安否確認
    (10000件同時連絡)
  • 安否状況を報告
  • 避難支援実行

避難支援に関わる関係者への連絡は、グラスフォンで安否を確認したあとに一度だけ。現場で一人づつ安否を確認する必要がなくなることで、迅速且つ助けを求めている要支援者をピンポイントで救出できます。

特徴と機能

01
電話での安否確認だから誰でも使える
グラスフォンは登録した要支援者に一斉に電話をかけることが可能です。伝えたい文字を入力して発信すれば、音声で読み上げます。要支援者は電話機のプッシュボタン押して状況を答えるというシンプルな操作。使い慣れた電話を使うので、導入も簡単。特別な機材を準備する必要はございません。
02
リタルタイムで状況確認、素早い判断を
返信結果は、自動的に集計されます。グラフや地図として確認できるので、どの地域の緊急性が高いのか、まだ連絡できていない人は誰か、ひと目でわかります。電話の結果は、専用のフォーマットで印刷できるので、避難支援に関わる関係者への引き継ぎもスムーズです。
03
名簿作成の効率化で日々の業務を楽に
要支援者名簿や支援計画を作るための仕組みも充実。各管轄の様式の異なる書類でも、自動的に同一人物を判別し、一つの名簿に統合できます。名簿の重複や更新漏れもすぐにわかるので、定期的な名簿の更新作業が効率化します。
Features
一斉発信
一斉発信
名簿に登録した要支援者に最大数万人規模で一斉に安否確認を電話で発信します。
発信グループ
発信グループ
特定の要支援者のみに発信するグループを作成できます。「沿岸部」「高齢者」など使い分けが可能です。
質問/回答の作成
質問/回答の作成
発信する安否確認の内容や、回答する選択肢は自由に変更することができます。
音声読み上げ
音声読み上げ
テキストで入力した文字は、自動的に音声変換され、電話口で再生されます。
プッシュ操作で回答
プッシュ操作で回答
要支援者は会話することなく、プッシュ操作で回答できます。
自動集計
自動集計
回答をリアルタイムに集計し、自動的にグラフなどわかりやすい形で表示します。
地域分布
地域分布
回答は名簿の住所を元に自動的にマッピングされます。地域による被災状況が一目で確認できます。
引き継ぎ用書類
引き継ぎ用書類
避難支援に関わる関係者へ渡す資料を作成できます。回答結果や支援者に応じて内容を変更することもできます。
要支援者台帳管理
要支援者台帳管理
要支援者の名前や連絡先・優先度などを登録でき、グラスフォンの中で名簿が作成できます。
個別避難計画管理
個別避難計画管理
要支援者がどのように避難支援者と関わるか管理できます。この情報を元に引き継ぎ資料は作成されます。
避難支援関係者管理
避難支援関係者管理
避難支援関係者の連絡先や担当範囲、また所属する団体を管理できます。
名簿の自動生成
名簿の自動生成
各管轄の様式の異なる書類でも、自動的に同一人物を判別し、一つの名簿に統合できます。
個人情報の保護
個人情報の保護
個人情報のみをネットワークの繋がっていない環境に置くなど、セキュリティに配慮した構成でも運用できます。
開発者の声

ITで優しさを表現したものがグラスフォンです。

9月1日防災の日にたまたまローカルニュースを観ていました。そこで初めて知ったことが、東日本大震災の死亡者数の中で、65歳以上の高齢者が6割を占めており、障がい者の死亡率は被災住民全体の死亡率の2倍にのぼったということでした。その反省を含め災害対策基本法が改定され、自力避難が困難な人々を「避難行動要支援者」と定義付け、避難行動要支援者名簿の作成を義務付けたそうです。その名簿は警察・消防・地域防災組織・社協・民生委員・ボランティアなど地域の方々と共有しながら運用していくそうですが、その名簿の共有自体が進んでいないという問題提起でニュースは締めくくられていました。

その後、いくつかの役所の福祉担当者や社会福祉協議会、民生委員の話を聞きました。その結果、自治体も名簿活用は具体化されておらず、打ち手がないという状況であることが判りました。実効的な避難支援の土台となるはずだった避難行動要支援者名簿が、名簿作成自体を目的化してしまい、どの自治体の地域防災計画にも「普段から地域のコミュニティを形成し目を配りましょう」といった漠然とした指針のみが記載され、具体的な行動や考え方が示されていないという状況でした。

“備え”は人だけでは無理。頼れるシステムを中心に
具体的な動線や体制を作ることで備えが万全になる

そのような状況を踏まえ、開発したのがグラスフォン for 防災です。
作成・維持に大変な労力が必要な避難行動要支援者名簿の作成の補助はもちろん。その名簿とクラウドPBXを連動させた一斉架電。プッシュボタンでの簡単な回答操作。被災状を防災課または福祉課が把握でき、警察・消防・自治体防災担当・自治体福祉担当など避難支援に関わる関係者や団体に被災状況を共有。など実際の導線や体制を考慮して、無理なく運用ができるように作っています。
また、従来のITシステムと違い、各自治体毎の防災計画または協力者等体制を鑑みてシステム設計をおこないます。グラスフォンは万能なシステムではなく、明確な結果や地域防災に関する副産物をもたらす新たな考え方に基づいたICTです。

人間の叡智が災害被害をどれだけ減らすかが、生かされた私たちの義務だと考えています。

ブルー・オーシャン沖縄
崎山 喜一郎
More Case

防災以外でも活用可能

地域住民への連絡
回答を必要としない連絡も可能です。スピーカーから流す「町内放送」を電話で再度連絡することも可能です。
イベントの参加可否
「村民集会への参加」「地域の祭りへの参加」などイベントの参加可否を集計。電話で確認することで確実な返答が期待できます。
調査など
「世論調査」など数万人のユーザーに電話での質疑が必要な時。一斉に回答を集計することができます。
Flow

それぞれの自治体に合わせ、
機能をカスタマイズして導入いたします。

1.担当様とのヒアリング
2.グラスフォンfor防災のカスタマイズ
3.試験運用と調整
4.運用開始
5.運用のフォローアップ・改善
多くの人に一斉架電できるグラスフォン

多くの自治体様から導入の相談を受けています

課題の整理から一緒に始めましょう。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談
TEL:098-917-4849