導入までの流れ

Plan

それぞれの目的に合わせ、
機能をカスタマイズして導入いたします

エンタープライズ
災害発生直後から大きな威力を発揮する安否確認中核機能
安否確認のための一斉同時架電
架電メッセージテンプレートの作成/管理
架電メッセージの「テキスト→音声」自動変換
発信グループの作成/管理
安否確認回答結果の自動集計/グラフ表示
安否確認回答結果の被災状況マップ表示 オプション
自動応答による着信電話振り分け オプション
平常時の災害対策業務を強力にサポートする各種機能
「避難行動要支援者名簿」の作成/管理
「避難個別計画台帳」の作成/管理
その他の機能
緊急時の職員への連絡 オプション
防災行政無線との連携 オプション
各種アラートとの連携 オプション
SNSサービスとの連携 オプション
各種メールサービスとの連携 オプション

現在はエンタープライズ版のみでのご提供となります。詳しくはお問い合せください。

料金には、セミパッケージのベース価格とそのカストマイズ費用、またクラウドPBXや保守などのランニング費用が含まれます。

Flow

現場の状況に合ったシステムを

1.現状の運用を確認
地域防災計画の災害時情報把握、手順の確認。情報伝達フローの確認
2.関係者の状況を確認
防災担当課、地域防災組織、社協、地域包括ケアセンター、 民生委員等救助支援リソースの確認
3.システムの設計
要件定義・設計・カスタマイズ
4.導入
5.運用支援
More Case

防災以外でも活用可能

地域住民への連絡

回答を必要としない連絡も可能です。スピーカーから流す「町内放送」を電話で再度連絡することも可能です。

イベントの参加可否

「村民集会への参加」「地域の祭りへの参加」などイベントの参加可否を集計。電話で確認することで確実な返答が期待できます。

調査など

「世論調査」など数万人のユーザーに電話での質疑が必要な時。一斉に回答を集計することができます。
多くの人に一斉架電できるグラスフォン

多くの自治体様から導入の相談を受けています

課題の整理から一緒に始めましょう。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談
TEL:098-917-4849